「わさびスルフィニル®」とは

「わさびスルフィニル®」は金印の登録商標です。

「わさびスルフィニル®」とは?

 

正式名称は「6-メチルスルフィニルヘキシルイソチオシアネート(6-MSITC)」で、本わさびに含まれる芥子油の一種です。

 

sulf_about_1.gif

 

部位による違い

「わさびスルフィニル®」は、本わさびに含まれる成分ですが、部位によって含有量が異なり、特に根茎に多く含まれます。しかし、その含有量はごく微量で、大変貴重な成分です。
※補足;品種、産地、季節、個体などによって差があります。

 

sulf_ryo_1.gif

本わさびの部位による、6-メチルスルフィニルヘキシルイソチオシアネート(6-MSITC)含有量の比較

 

品種による含有量のちがい

本わさびの品種ごとでも含有量が異なり、当社の開発品種「みつき」には6-メチルスルフィニルヘキシルイソチオシアネート(6-MSITC)が他の品種より多いことがわかっています。
※補足;産地、季節、個体などによって差があります。

 

sulf_ryo_2.gif

本わさびの品種による、6-メチルスルフィニルヘキシルイソチオシアネート(6-MSITC)含有量の比較

 

チューブわさびでは、ほとんど得られない

本わさびの健康成分「6-メチルスルフィニルヘキシルイソチオシアネート(6-MSITC)」は、生の本わさびの根茎に含まれる成分です。常温のチューブタイプわさびの場合には、原料の本わさびに西洋わさびを配合したものも多いほか、長期保存のための副原料などが多く含まれます。ですから健康成分6-メチルスルフィニルヘキシルイソチオシアネート(6-MSITC)をほとんど摂ることはできません。

ページの先頭へ