沿革

昭和4年
(1929)
創業 名古屋柳橋中央市場に小林商店を開く
昭和5年
(1930)
生わさびの卸商に転業
昭和8年
(1933)
粉わさびの研究・製造に着手
昭和15年
(1940)
名古屋市中川区に移転、工場建設
昭和27年
(1952)
金印わさび株式会社設立(法人組織化)
昭和43年
(1968)
業界初の粉からしを使わない「金印粉わさび」の開発に成功
昭和44年
(1969)
ねりわさび・生すりわさび・生おろしわさびの研究開始
昭和46年
(1971)
業界初の「金印ねりわさび」開発
昭和48年
(1973)
超低温すりおろし製法により、業界初の「金印生すりわさび」および
「金印生おろしわさび」開発
昭和57年
(1982)
網走研究所完成
平成元年
(1989)
本わさびの研究を目的として柳島研究所(植物培養研究所)設立
平成14年
(2002)
本わさびの新品種「みつき」を開発、農林水産省に品種登録
平成15年
(2003)
「金印わさび株式会社」を「金印株式会社」に社名変更
平成16年
(2004)
健康成分「わさびスルフィニル」抽出に成功

ページの先頭へ