「わさびチオヘキシル®」の機能性

わさび特有の清々しい香り。
金印が、追い続けているのが、この「香り」成分です。
長年にわたり、各大学などとの産学協同で、わさびの香り成分の解明を行うなかで、その成分の新たな機能性を発見しました。

 

本わさびの香り研究から見出された「6-メチルチオヘキシルイソチオシアネート」

金印の研究陣は、わさび特有の香り成分に注目し、その機能性を追究しました。甘くグリーンノートのある本わさびに特有な成分のひとつが、6-メチルチオヘキシルイソチオシアネート(6-MTITC)です。

 

わさびの香り成分について詳しくは、こちらをご覧ください。

thiohexyl_kouzou.gif

6-メチルチオヘキシルイソチオシアネートの構造式

 

「わさびチオヘキシル®」のヒスタミン放出抑制作用

ラット好塩基球性白血病細胞RBL-2H3を培養し、6-MTITCもしくはフマル酸ケトチフェンを添加した後、抗原を加えることで脱顆粒させました。その結果、6-MTITCがくしゃみなどの原因となるヒスタミンの放出を有意に抑制することがわかりました。                                  (日本農芸化学会2008年度大会、日本食品科学工学会第55回大会)

 

thiohexyl_histamine.gif

 

6-メチルチオヘキシルイソチオシアネートのヒスタミン放出抑制作用

 

「わさびチオヘキシル®」の花粉症軽減作用

過去2年以上花粉症と判断された被験者40名(うちプラセボ20名)に、鼻汁の症状がひどいと感じた時に6-MTITCを1日3回10秒間嗅がせ、1週間継続し、各症状を記録しました。その結果、鼻かみ、鼻詰まりについて改善効果がみられました。

 

 

thiohexyl_hanamizu.gif

6-メチルチオヘキシルイソチオシアネートの花粉症軽減作用

ページの先頭へ